RIETAN-FP・VENUSシステムと外部プログラムによる粉末構造解析講習会

2017年03月21日

ポスター・アクセスマップ(PDF形式)

 工学研究科界面科学研究センターではセンターが主催する初めての講習会として、粉末材料の結晶構造解析に関する講習会を開催致します。X線回折法に代表される粉末回折データの解析システムとして、世界中で広く利用されているRIETAN-FPの開発者である、泉 富士夫 先生(名古屋工業大学・客員教授)を迎えて、結晶構造の精密化手法であるリートベルト法の基礎から、RIETAN-FPとsuperflip, Dysnomiaなどのソフトウェアを用いた高度な解析手法に至るまで、広く学んでいただく機会になるかと存じます。
 1日目は講義、2日目はMacを用いた実機による解析実習で、RIETAN-FP最新版のインストールから、周辺プログラムを用いた高度な解析までを体験していただくことができます。
 また、Windowsユーザーの方も、1日目の講義にご参加いただければ、Windows版インストーラーとチュートリアルのアーカイブファイルを、講習会終了後にご提供頂ける予定ですので、奮ってご参加ください。

開催概要

◆日時:
平成29年3月21日(火)13:30~17:00
平成29年3月22日(水) 9:30~17:30
◆場所:
21日 農学研究科C棟C-101大講義室(1F)
22日 工学研究科C3棟302講義室(3F)
参加者が予想を上回ったため、両日ともに教室が変更となりました
◆講習内容:
1日目 リートベルト法の基礎とRIETAN-FP, VESTA, superflip等のソフトウェアを用いた粉末構造解析方法についての講義
2日目 Macを用いたRIETAN-FPと周辺プログラムの解析実習
※ご注意※
2日目の実習参加者については、Mac本体(OS X ver.10.6以降の64ビットOS, Jedit X最新版インストール済)、電源アダプターをご持参願います。
◆受講対象者:
学内外の希望者
◆参加費:
無料
◆申込期限:
平成29年3月15日(水)
◆申込方法:
(1)氏名、(2)所属、(3)連絡先E-mail、(4)参加日程を明記の上、下記宛てにE-mailにてお申し込み下さい。
◆世話人:
松井 雅樹(神戸大学大学院工学研究科応用化学専攻)
電話:078-803-6160
E-mail: matsui@godzilla.kobe-u.ac.jp
参考URL: http://fujioizumi.verse.jp/

(工学研究科)