極域協力研究センター(PCRC)第3回国際シンポジウム 「北極法秩序形成における非北極国/アクターの役割」

2017年12月07日

極域協力研究センター(PCRC)では、2017年12月7-9日に第3回国際シンポジウム「北極法秩序形成における非北極国/アクターの役割」を開催します。この3日間のシンポジウムでは、北極海航路の海運利用、北極海漁業、北極先住民、北極科学と政策との関係などの喫緊の課題につき、多くの研究者・実務家と共に深く議論します。

参加をご希望の方は、シンポジウムのホームページ にて事前登録をお願いします。

開催概要

日時
2017年12月7日(木) 9時30分~18時00分
2017年12月8日(金) 9時30分~17時00分
2017年12月9日(土) 9時00分~17時00分
会場
神戸大学六甲台第1キャンパス
(詳しい会場は、事前登録いただいた方にメールでお送りします)
プログラム
最新のプログラムは、シンポジウムのホームページ からダウンロードください。
スピーカー
井出敬二氏(外務省北極担当大使)
關水康司氏(国際海事機関名誉事務局長、神戸大学特別顧問)
Professor Dalee Sambo Drough(国連先住民問題常設フォーラム・前議長)
Professor Timo Koivurova(フィンランド・ラップランド大学北極センター長)
Professor Erik Molenaar(オランダ・ユトレヒト大学教授)
をはじめとして多数の研究者、実務家をお招きします。
使用言語
英語(通訳はありません)
主催
神戸大学大学院国際協力研究科極域協力研究センター
参加申込
参加を希望される方は、シンポジウムのホームページ にて2017年11月20日までに参加登録をお願いします。
問い合わせ先
シンポジウム事務局
Email: kobe_sympo_2017 [at] diamond.kobe-u.ac.jp
関連リンク

(国際協力研究科)