日越大学から訪問がありました

2017年08月22日

8月9日、日越大学から、グエン・ホアン・オアイン副学長(学務担当)一行が本学を訪れ、井上典之副学長・国際担当理事、藤田誠一副学長・教育担当理事を表敬訪問しました。懇談には、米沢竜也国際連携推進機構アジア総合学術センター特命助教も同席しました。
 日越大学は、2010年に「日本の協力を得て、ベトナムに質の高い大学の設立を検討する」と盛り込まれた日越共同声明が出発点となり、日越共同の育成プログラムとして設立された大学で、現在は修士課程6プログラムが設置されています。2016年9月に、ハノイにて開学式が行われ、本学からは藤田副学長・教育担当理事が出席しました。
 懇談においては、日越大学で開設されているプログラムや今後の開設予定の課程に関する説明があり、本学からは、協力の可能性がある分野やプログラムを説明し、質疑応答も含め活発な議論が行われました。日越大学は、ベトナムの将来を担い、日本・ベトナムの架け橋となる人材育成を目指す大学です。ベトナムにおいて重要な大学の一つとなる同大学と一層の協力が進むことが期待されます。

(国際部国際企画課)