次期学長の選考が開始されました

2018年05月11日

現学長の任期が平成31年3月31日で満了することに伴い、国立大学法人神戸大学学長選考規則により次期学長候補者の選考が行われます。

今回の学長選考は、次のような手続きにより行います。


  • 学長候補者の選考に当たり、学長候補者の推薦を求めます。
  • 推薦条件として以下の(1)~(3)のいずれかの条件を満たすこととします
    1. 国立大学法人神戸大学経営協議会規則第2条第3号に規定する委員による推薦 (経営協議会学外委員による推薦)
    2. 評議員5人以上による推薦
    3. 学長、理事及び職員のうち常勤である者30人以上による推薦
  • 学長選考会議による学長候補者に対する面接を実施します。
  • 学長候補者への質問の機会を設けます。
  • 投票資格者(①学長及び理事、②教授、准教授、講師及び助教(特任教員を除く)、③その他の職員のうち係長相当職以上の者 (国立大学法人神戸大学学長選考規則別表に規定する職である者を含み、非常勤である者を除く)による意向投票を行います。
  • 推薦等書類、面接及び意向投票の結果を総合的に判断して、学長選考会議において学長予定者の最終選考を行います。

詳しくは学長選考の流れ (PDF形式) をご覧ください。

「学長選考に関する特設ページ 」 はこちらです

 

(神戸大学学長選考会議)